月別アーカイブ: 2016年4月

5月連休になりますね。

4月もあと少しで終わりになって5月連休になります。連休になったらできなかった事をいろいろやりたいと思ってらっしゃる方も多いと思います。家族サービスもその一つかも知れませんが、どこにいっても混んでいて疲れ切ってしまう事が予想されます。そうは言っても家族と一緒に過ごす時間が取れなくって悩んでいる方も多いと察します。

 

5月連休は上社の御柱がありますので、それに参加する事も策ですね。先日東京に行って来ましたが、御柱というお祭りは、皆さんご存じで上社・下社の御柱が有名になっていることにうれしさを感じました。認知度は非常に高かったと感じました。

 

関係される皆様が多くの情報を発信した結果ですね。その苦労は大変なものだと思います。田舎という言葉から、「仕事は農業ばかりですか?」なんて質問を受けましたが、諏訪6市町村はそんなことはなくて、東京と企業の大小の差はあれど業務はいろいろあるのです。そういった所はもっとアピールしなければならないと思いました。

 

観光地という特色があるので、ホテルなんかの業務は絶えず人材不足を抱えて営業されています。そんな仕事に興味がある方には良い土地柄かも知れません。

 

都会から多くの人が訪れてくれる事は発展していくには重要な事ですので、全国の皆様「どんどん諏訪地方に来てください」と言いたいです。でも、交通渋滞なんかがあると困りますが・・・・。

 

人口も減少していっている諏訪6市町村ですので、多くの方の移住が実現できればより発展していけますので、是非観光も兼ねてお出かけください。夏はすごく過ごしやすい気候で森林浴などでストレス発散には最高です。

 

御柱は一段落しました。

下社の木落としも無事に終わりました。多くのメディアでも取り上げられていました。下社の御柱はみんながすごく興奮していましたね。とっても荒々しくて勇ましい感じがします。外国からの見物客も非常に興奮していました。「ファニーとクレイジー」の単語が飛び交っていました。何より、大きな事故もなくて良かったです。

御柱1

 

大きなイベントを成功させるには、関係者が真剣に取り組んでいろいろ考えルールを決めて、それをみんながルール通りに行う事で楽しく無事にできる事を垣間見る事ができました。7年後にはこの経験が受け継がれていくことだと思います。

 

これから上社・下社共に、里引きになります。里引きは穏やかに楽しくみんなが参加できるお祭りになりますので、時間を見つけて参加しましょう。お祭りだと言って飲み過ぎには注意してください。(^^

 

日頃のストレスを発散させる為にも、家族と一緒に過ごす事も大切な事ですね。諏訪の上社と下諏訪の下社で盛り上がって行きましょう。

 

お店を経営されている店主様はビジネスチャンスです。サービス業は人の遊んでいる時には仕事ですので、しっかり儲けてください。お店にお勤めになっている方は、お祭りの後ゆっくり養生となりますので、別な楽しみ方を探してみてください。

 

御柱が一段落して一服なのですが、諏訪地方は桜が満開です。お祭りの合間はお花見で盛り上がれます。またまた、飲み過ぎに注意しましょう。調子に乗って飲み過ぎないようにって書いてますが、これって自分に言ってるみたいな気がします。(* *;

上社御柱山出し終了!

4月2・3・4と上社の御柱祭が盛大に行われました。新聞報道では3日間で51万人以上の人出があったとの事。朝8時位には茅野の街には人があふれていました。

 

今年は祭りのスタートを早め、時間厳守で安全なお祭りを目指しました。それぞれの地区で改善を心がけ成果に繋がったと思います。一部では怪我をされた方がいたとの事ですが、大筋では安全にお祭りができました。良かったですね。

 

御柱祭は7年に1回行われるのですが、いつも思いますが地元の人たちは御柱を基準に考えていると思っています。「今年〇〇歳なので次回は〇〇歳かぁ。その時は△△になってるなぁ」とか、我が子を見て「次の御柱の時は〇〇歳だな」などという会話。御柱が根付いている会話です。

 

7年に1回なのでそれが文化になっています。毎年行われるより7年に1回であることから前回最前線で活躍した人からノウハウが受け継がれていきます。毎年行われているとなんとなくマンネリ化してしまいますが、ある程度間隔を置くことで大切な事がしっかり受け継がれていくように思います。7年間隔なので忘れてしまう事も逆に良い効果となっていて、改善に繋がるのかもしれません。

 

今週末は下社の御柱祭です。下社は上社と違うカラーの御柱祭になります。皆さんも時間を見つけて見に行かれたらいかがでしょうか。楽しいですよ。

 

多くの人が集まるという事はビジネスチャンスでもありますが、お祭りに積極的に参加する事で日頃のストレスを発散できます。前向きになれる自分に出会えるかもしれませんね。

 

ちょっと聞きましたが、御柱祭を同級会にしているなんて話もありました。昔の仲間と7年に1回お祭りを通して会うなんて上手い策ですね。(^^