成果を振り返ってみると・・・。

何かが一段落して、「終わったなぁ」と思い一服した後、結果や効果、成果を確認してみると、『あれができなかった』『これはやり残した』『目標達成できなかった』なんて思いますが、悪い事・できなかった事に意識を向ける人が少なくありません。私も例に漏れずです。

 

「計画を立てたり、目標を掲げてもなぁ」と、最初から諦めてしまうと行動力が低下してしまいます。これでは上手く行く訳がありません。

 

とは言っても、悪い事に意識が向いてしまう事は無意識なので、簡単にマインドをコントロールできません。簡単には変えられないですね。

 

では、『できなかった、やり残した、これではいかん』と思う気持ちを、どのように自分で解釈するかが大きなポイントになると思います。

 

「自分にはセンスがない」「自分には能力がない」「所詮はこんなもんだ」ではなく、できた事にフォーカスすると、それが自信に繋がります。

 

『あの時はここが良くできたし、評価された。でも、この部分がいけなかったから、次回はここを注意しなきゃ』というように、成功に向けた課題を得る事ができると思います。結果に対して自分に与える意味は大きく変わってくると思います。

 

振り返る時に、『何ができたのか』➡『じゃあ、もっと良くするには次の課題は何なのか』と言う様なプラスとなる要素からのアウトプットを意識して行ったらどうでしょうか。

 

hikari

これは出来るんだから、この部分をきちんとやるぞ!と自分を奮い立たせる目標が明確になります。出来る事を吐き出してみて、出来る事、得意な事を最前面に押し出して、出来ない事にチャレンジしていくと、違う自分に会えると思います。できない事から着手すると、即挫折の憂き目に合います。

 

経験からですが、自分を変える事をしていく事で成長が得られると思います。難しいですが、考える思考を自分にインプットしてみましょう。