お金がないって言わない

「お金がない」ことを理由にやりたい事を諦めていませんか?欲しい物を手に入れたいと思ったり、何かを始める時などに「お金がないからダメだ」ってことで、トライしないで悔しい思いをしている人が沢山いると思います。

 

自分の『尺』を考えて諦める事は時には大切な事ですが、手が届くと思えるならチャレンジしてみる事も必要あります。

 

お金は生きていく上で必要不可欠な物です。でも、現実はお金で買えないものも存在しています。ですが、それ以上にお金で買える物がたくさんある事も事実です。

 

お金を欲するなら、「お金がない」「お金がない」を呪文のように唱え続ける事で、自分の思考が『それまで、そこまで』で停止してしまいます。結果的にはお金が逃げていってしまいます。

 

発想を変えて、「(お金がないから)お金を稼ごう」と考えたらどうでしょうか。そうすると「どうすればお金を稼げるか」をテーマにして思考をめぐらすと、視点が変わるはずです。

 

例えば、自分で会社を運営されている方は、もっとアンテナを高くして情報を取り込んでビジネスチャンスを掴む様に考え、給料をもらっている立場であれば、いかに給料を上げて貰えるように会社に利益を引っ張れるか考え、創意工夫をさらに進めたり、一つの事を深堀してみたり、無駄を排除したりする事にも目が向かうようになると思います。

 

「お金がない」を唱えていると、お金を稼ぐ機会を見失いますので、いかに「お金を稼ぐか」を頭に置いて事にあたると、違う発想が生まれる可能性が高まり、いままでとは違う自分に出会えると思います。見えていなかった事が少しづつでも見えるようになれるはずです。

 

自分自身の言葉で自分に与える言葉は、その思考次第で人生を変える力になるチャンスを得られる事になります。人間は下を向いてしまう傾向があります。(私ですが・・)上を向いて歩こうをいつも考えて仕事や生活をしていきましょう。

 

例えばの話をしますが、家のリフォームをしようと思い、こんな風にリフォームしたいと思い描いた事を業者さんに依頼して見積もりを貰ったら600万円だったとします。現在の自分には500万円しか払える力がないとすれば、あなたは500万円の金額へ構想をレベルダウンしますか?または、不足する額が100万円なのでなんとか100万円を工面して、自分の思い描くリフォームをしますか?

 

私の思考は、500万円でリフォームした何年か過ぎた後に、あと100万円出せたら「こうだったのになぁ」と悔いを残してしまうと、あと100万円を工面できなかった、しなかった事が後悔になり、500万円は無駄使いに思えてしまいます。ならは、100万円を如何にするかを考る事にします。後悔して自分を責める事が見えているからです。後悔して100万円分を挽回しようと思ったら、200万円を工面するようにしないと『やり直しの100万円』は手に入らないと思えます。

 

無題

お金の金額が大きくなればなる程、無駄使いと思える金額は大きくなりますね。私は自分のキャパ以上ではないと判断できるなら、がんばってみようかなぁという思考をするように自分を仕向けています。何を頑張るかは人それぞれですが・・。